【人形町・水天宮前】デスクワークによる眼の疲れ、首肩こりでお悩みの30代女性

Pocket
LinkedIn にシェア

患者さま情報

30代女性・デスクワーク中心のお仕事

ご来院の理由

仕事の帰り道に、たまたま新しく鍼灸院がオープンしたのに気付いたそうで、外看板の印象も良く、年始の疲れもちょうど溜まっていたため、電話で事前にご予約をいただきご来院された。
もともと、肩や眼の疲れがひどくなるとマッサージでは改善しないそうで、限界にくるといつも鍼をどこかで受けるとのこと。

主訴(最もお辛い症状)

首肩こり・眼の疲れ

症状について

仕事中、昼食や打ち合わせ、トイレ以外はほぼデスクにてPC作業をしているため、眼がとにかく疲れてしまう。また、眼の疲れとともに首肩こりがいつもひどくなり、限界がくると頭痛もひどくなる。運動も出来ていないからか、足の冷えもすごく気になるし風邪もひきやすい。とのこと。

所見(身体検査)

利き腕側の右肩がとにかく張っていて肩上部の硬結(コリ)がひどい状態。だが本人は左肩の方が押されると痛いとのこと。また、後頚部(首の後ろ)の筋肉の緊張が強く、押されると痛気持ちいいとのこと。しびれなどない。肩甲骨や腰にかけて背中の起立筋も全体筋ばっていて、緊張している。腰は押されると気持ちいいとのこと。足はくるぶしあたりから指先にかけて冷えている。
脈はゆっくりで細く弱い。お腹の圧痛は左下腹部のみ。手足のツボや首のツボをチェックすると圧痛点は少ないが、胸鎖乳突筋の首の緊張は強い。扁桃腺などもやや張っていて圧痛がある。

診断内容

東洋医学的には、「瘀血」(古い血液が腹部全体に滞留し、慢性症状を引き起こしている状態)と判断。また脈や手足のツボから、全身の血流が悪く体質的に身体全体が冷えてしまっている状態と考える。解剖学的には、長時間の同姿勢及び運動不足などから、首や肩周り、背部筋の疲労が蓄積され、コリや虚血を引き起こし、痛みに繋がるという悪循環を引き起こしていると考える。

治療内容

全身の血流をよくしていくツボの組み合わせによる処置
瘀血を解消していく処置
眼精疲労に効果的なツボへの鍼
患部の筋緊張を緩めていく処置など

結果

鍼に元々慣れているのと、あまりに疲れが溜まっていたのか、治療中うつ伏せになってからは、眠ってしまった。鍼の刺激が心地良いそうで、リラックスされていた。
鍼やお灸をした後に、全身マッサージをし治療を終えると「眼が特に生き返った」とのこと。また、「身体の芯が温まってきて身体も軽くなったので、帰ってすぐ寝たい」とのこと。

治療後の過ごし方や、日常のストレッチ、仕事中の姿勢などアドバイスをし、次回1週間後のご予約をされ終了。

考察 

ご本人もよくご自身の身体のことは理解されていて何をすればいいかわかっていたが、仕事が多忙でなかなか思うように運動したり出来ないとのことで、症状はかなり慢性化されていた。
引き続き瘀血の解消と冷え体質を改善していけるような治療を続けていきたいと思う。


【人形町・水天宮の鍼灸院】
はり・きゅう・指圧マッサージ「いしわた鍼灸院」
院長 石綿 教史
03ー6264ー8976
info@ishiwata-shinkyuin.com

関連記事

  1. 【人形町・水天宮】ギックリ腰でお悩みの40代男性・女性の症例…

  2. 【人形町 水天宮前 】不眠症でお悩みの30代主婦

  3. 【人形町・水天宮】頭痛、肩こり、眼精疲労でお困りの30代女性…

  4. 【人形町・水天宮前】頭痛・首肩こり・生理痛でお悩みの20代女…